> > 水素ステーションの計量システムにJIS制定 精度等級の導入などで適正計量

水素ステーションの計量システムにJIS制定 精度等級の導入などで適正計量

 印刷 記事を保存

経済産業省は20日、今後の燃料電池自動車(FCV)の本格的な普及のために必要不可欠となる水素ステーションで、水素燃料の取引を行う際に使用する計量システムの日本工業規格JIS B8576を制定したと発表した。

日本では、現在、官民一体となって水素ステーションの整備が戦略的に進められている。こうした中、水素ステーションにおける水素燃料の取引で、適正な計量が行われることは、取引当事者間、とりわけ消費者保護の観点から極めて重要である。

このため、水素ステーションの技術・研究開発のさらなる加速化と、水素燃料の取引における適正計量の確保との両立を目的として、最新の国内外研究開発動向等を踏まえ、日本工業規格JIS B8576(水素燃料計量システム-自動車充塡用)を制定した。

このJISの制定によって計量器メーカー、水素ステーション運営者などの事業者による自主的な適正計量の確保や標準化に伴う研究・技術開発の促進が期待される。また、今後、このJISに基づく国際提案を行うことを予定しており、日本主導の国際標準化によって、日本計量器メーカーの国際市場の獲得を図る。

制定の主なポイント

1.精度等級の導入

現在、設置が進められている水素燃料計量システムの最大許容誤差は±5%程度だが、技術的に成熟しているガソリン充塡計量器の±1%と比べて明らかに大きな値である。そこで計量器メーカーの技術開発を促進するために最大許容誤差および目量(取引に使用される最小桁の水素質量の計量値)の組み合わせからなる次の4等級の精度等級を導入した。

(※全文:1,952文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.