> > 福島県、市町村による再エネ導入事業に補助金 民間企業も申請可能

福島県、市町村による再エネ導入事業に補助金 民間企業も申請可能

記事を保存

福島県は、2016年度の福島県地域参入型再生可能エネルギー導入事業(設備導入事業)補助金の公募を開始した。応募締め切りは6月30日(木)17時まで。

同事業は県内市町村などが実施する再生可能エネルギー事業において、設計費・設備費・工事費などの経費の一部を補助するもの。

補助対象設備は6種類

  1. 太陽光発電
    10kW以上
  2. 風力発電
    10kW以上・単機1kW以上
  3. 地熱発電
    バイナリー方式
  4. 水力発電
    1,000kW以下
  5. バイオマス発電
    10kW以上、バイオマス依存率60%以上、コージェネレーション(熱電併給)を含む。バイオガス発電を除く。
  6. 1~5の組み合わせ
    合計10kW以上。太陽光発電及び風力発電(単機)は1kW以上。
  7. 蓄電池
    発電設備を導入する場合に限る。発電設備の出力同等以下。

なお、バイオガス発電は、「福島県バイオガス発電事業化モデル事業補助金」の対象となるため、今回の公募での補助対象とはならない。

また、対象事業に求められる要件として、モデル性の高い事業であることや、2017年3月末までに発電設備等の設置や費用の支払いが完了すること、固定価格買取制度で売電する場合は、売電収入の全部または一部を継続して地域活性化に活用し、この制度を活用しない場合でも発電した電力を地域で活用できる事業であることなどが挙げられている。

福島県内の市町村が関わる必要アリ

同県内の市町村・非営利団体(法人に限る)、または同県内に本社や本店のある民間法人が申請できる。非営利団体や民間法人である場合は、地域住民や市町村が参画・連携する事業であり、市町村から意見書を受けていることが条件となる。

補助率

補助金の1件あたりの上限額は、3,000万円以内で、各対象事業ごとの補助額詳細は下記のとおり。

  1. 50kW未満の太陽光発電
    補助対象経費の1/3以内と1kWあたり10万円の低いほうの額
  2. 50kW以上の太陽光発電
    補助対象経費の1/3以内。ただし、発電設備(蓄電池及び送電線を除く)については補助対象経費の1/3以内と1kWあたり10万円の低いほうの額
  3. 風力発電
    補助対象経費の1/3以内。ただし、発電設備(蓄電池及び送電線を除く)については補助対象経費の1/3以内と1kWあたり10万円の低いほうの額
  4. 上記1~3以外
    補助対象経費の1/3以内

【参考】
福島県 - 福島県地域参入型再生可能エネルギー導入支援事業(設備導入事業)補助金

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.