> > ソフトバンク、スマホで家電を操作できるHEMSを発売

ソフトバンク、スマホで家電を操作できるHEMSを発売

記事を保存
ソフトバンク、スマホで家電を操作できるHEMSを発売

ソフトバンク コマース&サービスは27日、スマートフォンに搭載した専用アプリを通じて、電力使用状況をリアルタイムに通知する家庭向けエネルギー管理システム(HEMS)「iRemocon Wi-Fi(SM)」の発売を開始した。

同商品は、外出先からの家電の操作や部屋の温度・湿度・照度のモニタリングもできる機能も備える。ネットワークを利用した機器コントロール装置を開発・販売する「iRemocon事業」を展開するグラモ(東京都豊島区)と共同で開発した。

同商品はスマートメーターと連携し、30分ごとの電力使用量と料金をリアルタイムに確認。あらかじめ設定した電力量を超えることが予想される場合に、使用しているスマートフォンに通知したり、本体内蔵のブザーで知らせしたりする機能を搭載する。「ソフトバンクでんき」の「バリュープラン」や東京電力エナジーパートナーが提供する「プレミアムプラン」など、過去1年間のピーク電力に応じて基本料金が設定されるプランを契約の場合は、特に本機能を活用すると電気を賢く利用できるという。

利用イメージ

利用イメージ

サイズは約105mm×約37mm(本体)で、重さは136g(バックカバーを含む)とコンパクト。SoftBank SELECTIONオンラインショップで、5月27日より取り扱いを開始したほか、一部ソフトバンクショップでも順次発売予定。価格は32,000円(税抜き)。

その他、主な特長は以下のとおり。

外出先から家電を操作

専用アプリ「gHOUSE」画面イメージ

専用アプリ「gHOUSE」画面イメージ

本商品を自宅のWi-Fiに接続することで、自宅のさまざまな電子機器のリモコン操作をスマートフォンやApple Watchなどに集約し、家の中からも、外出先からもアプリを通じて家電を操作できる。音声認識機能により、ボタンなどを操作することなく、音声のみでの操作も可能。また、外出するとエアコンを自動的に消したり、自宅付近で自動的に照明を点灯したりするなど、GPSとの連動もできる。

室内の温度・湿度・照度などをモニタリング

温度・湿度・照度センサーを搭載し、イメージマップにより、熱中症になりやすい環境かどうかや乾燥傾向など部屋の状況を可視化する。カビやダニ、ウィルスなどの発生リスクが直感的に分かるため、ペットや子どもの環境が気になる人にも最適である。

「ソフトバンクでんき」について

ソフトバンクによる電力サービス「ソフトバンクでんき」では、東京電力エナジーパートナーとの業務提携により提供する電力サービスと、太陽光などの再生可能エネルギーで発電されたFIT電気比率の高い電力を供給する「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.