> > あの「台風発電」、日本ユニシスが提携 沖縄でプロペラのない風力発電の実験

あの「台風発電」、日本ユニシスが提携 沖縄でプロペラのない風力発電の実験

 印刷 記事を保存

日本ユニシス(東京都江東区)とチャレナジー(東京都墨田区)は30日、台風や、いわゆる爆弾低気圧などの強風環境においても発電可能な「次世代風力発電サービス」の開発・事業化で提携したと発表した。

次世代風力発電サービスは、チャレナジーが開発を進めているプロペラのない「垂直軸型マグナス式風力発電機」と、日本ユニシスが構築するIoT利用による遠隔監視システムをセットにして、ワンストップのサービスとして提供するもの。

両社は8月7日から沖縄県南城市において、フィールドテスト機を建設し、さまざまな風況下でのより安定的な電力供給を実証するための共同実証実験を開始する。

風速や風向が安定しない日本において、垂直軸構造を採用したマグナス式風力発電機は風の強弱や風向きの影響を受けにくく、安全性、安定性の高い発電環境を構築できる。ホテル、ビルの屋上や、地理条件により制約を受ける離島での発電も可能になる。

(※全文:1,469文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.