> > 太陽光発電関連企業の倒産、2018年度は96件で過去最多に

太陽光発電関連企業の倒産、2018年度は96件で過去最多に

帝国データバンク(東京都港区)は4月4日、2018年度の太陽光発電関連事業者の倒産件数は2017年度比17.1%増の96件で、2006年度以降の調査で過去最多を更新したと発表した。2016年度以降、太陽光関連業者の倒産が高水準で続いており、5年度連続で倒産件数が増加している。

固定価格買取制度(FIT制度)における事業用太陽光の買取価格の引き下げなどを受け、採算の確保が困難となり、関連業者には逆風が吹いている。業態転換を図る事例も多く、中小企業の市場退出が相次ぐと同社は指摘している。

主な調査結果の内容は以下の通り。

(※全文:1,541文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.