太陽光発電関連企業の倒産、2018年度は96件で過去最多に

  • 印刷
  • 共有
こちらをクリックすると拡大します
こちらをクリックすると拡大します

帝国データバンク(東京都港区)は4月4日、2018年度の太陽光発電関連事業者の倒産件数は2017年度比17.1%増の96件で、2006年度以降の調査で過去最多を更新したと発表した。2016年度以降、太陽光関連業者の倒産が高水準で続いており、5年度連続で倒産件数が増加している。

固定価格買取制度(FIT制度)における事業用太陽光の買取価格の引き下げなどを受け、採算の確保が困難となり、関連業者には逆風が吹いている。業態転換を図る事例も多く、中小企業の市場退出が相次ぐと同社は指摘している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報