> > 北九州市、洋上風力発電所建設のため港湾区域を拡張 国交省が同意

北九州市、洋上風力発電所建設のため港湾区域を拡張 国交省が同意

記事を保存

国土交通省は、北九州港港湾管理者である北九州市から、洋上風力発電施設の導入に向けて、港湾法に基づき申請のあった、港湾区域の変更(拡張)について、6月10日に同意したと発表した。洋上風力発電施設の導入に関する港湾区域の変更事案としては初となる。

北九州市は、今回拡張する港湾区域を含めた水域を、「再生可能エネルギー源を利活用する区域」として北九州港港湾計画に位置づけ、北九州港の開発、利用および保全と調和を図りつつ、洋上風力発電施設の導入に向けた取り組みを進めている。そこで、港湾法に基づく港湾区域の変更同意申請を4月26日付で行った。国土交通省で開催される運輸審議会での審議を経て、今回拡張した港湾区域が確定した。

今回の港湾区域の変更は、港湾管理者が、洋上風力発電施設を導入するにあたり、経済的に一体の港湾として管理運営するために必要な最小限度の区域を確保するために行うもの。国土交通省としては、港湾法上問題となる点が認められないと判断し、港湾法に基づき、申請のとおり港湾区域の変更について同意することとした。

(※全文:928文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.