> > インドネシアのコンビニ省エネ化、環境省のJCMプロジェクトに認定

インドネシアのコンビニ省エネ化、環境省のJCMプロジェクトに認定

環境省は13日、日本とインドネシアの二国間クレジット制度(JCM)における新しいプロジェクトとして、「コンビニエンスストア省エネ」プロジェクトを、5月20日付けで登録したと発表した。

「コンビニエンスストア省エネ」プロジェクトの概要

実施者は、ローソン(日本、東京都品川区)と、PT. Midi UtamaIndonesia(インドネシア)。同プロジェクトは、コンビニエンスストアに、高効率インバータエアコン、自然冷媒を用いた高効率冷蔵・冷凍ショーケース、LED照明を導入することにより、消費電力量とCO2排出を削減するもの。排出削減量は年間で411t-CO2、2020年までに合計で3,173t-CO2となる見込みだ。実施される店舗は、ジャカルタを中心とするタンゲランおよびデポック周辺地域の12店舗。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.