> > 日照量が少ない佐渡島でソーラーシェアリング実証 東京大学など

日照量が少ない佐渡島でソーラーシェアリング実証 東京大学など

記事を保存

ソーラーフロンティアは14日、新潟県佐渡島において、日照量が少ない地域で農業と太陽光発電が両立可能かを検証する、東京大学IR3Sらの「営農型発電」実証プロジェクトにCIS薄膜太陽電池パネルを提供したと発表した。

今回設置されたのは、10kW規模の太陽光発電システムで、薄型・軽量の特徴を持つソーラーフロンティアの「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」が採用された。このたび、ソーラーパネル下の農地にブロッコリーが作付けられ、実証がスタートした。今後は時期に合わせて、様々な野菜が栽培される予定。

「営農型発電」(ソーラーシェアリング)とは、耕作地に支柱を立ててソーラーパネルを設置し、作物の栽培と太陽光発電を同時に行ない農地の最大活用を図る手法である。営農しながら売電収入をもたらすビジネスモデルとして、全国で徐々に広がりを見せている。

(※全文:1,312文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.