> > 日照量が少ない佐渡島でソーラーシェアリング実証 東京大学など

日照量が少ない佐渡島でソーラーシェアリング実証 東京大学など

記事を保存
日照量が少ない佐渡島でソーラーシェアリング実証 東京大学など

ソーラーフロンティアは14日、新潟県佐渡島において、日照量が少ない地域で農業と太陽光発電が両立可能かを検証する、東京大学IR3Sらの「営農型発電」実証プロジェクトにCIS薄膜太陽電池パネルを提供したと発表した。

今回設置されたのは、10kW規模の太陽光発電システムで、薄型・軽量の特徴を持つソーラーフロンティアの「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」が採用された。このたび、ソーラーパネル下の農地にブロッコリーが作付けられ、実証がスタートした。今後は時期に合わせて、様々な野菜が栽培される予定。

地上での農作業を円滑に行うため、ソーラーパネルは高さ2mの架台に13.5度の角度を取りながら、南向きに設置された。この結果、年間約1万1,000kWhの発電量が見込まれている。この実証を通じて、比較的厳しい営農条件下にある佐渡島最北端・鷲崎地区での遮光率と農作物収量に関するデータを収集し、佐渡島内および国内外の日照量の少ない地域に営農型発電を普及させるために有用活用していく。

「営農型発電」(ソーラーシェアリング)とは、耕作地に支柱を立ててソーラーパネルを設置し、作物の栽培と太陽光発電を同時に行ない農地の最大活用を図る手法である。営農しながら売電収入をもたらすビジネスモデルとして、全国で徐々に広がりを見せている。

太陽光発電が農業にもたらす経済効果は?

東京大学IR3S(国際高等研究所サステナビリティ学連携研究機構)は、地球・社会・人間システムの統合による持続型社会の構築を目指して、2005年に東京大学内に設立された。IR3Sは、その具体的な活動として、新潟県佐渡市において、再生可能エネルギーを含めた自然資本を徹底的に活用しつつ、省エネルギーを促進することで、地域エネルギー自立化を実現するための社会実装工学的な研究に取り組んでいる。

今回の実証実験は、この社会実装プロジェクトの一環で実施するもの。この取組みを通して、人口減少・高齢化が進む佐渡島で、太陽光発電が農業にもたらす経済効果の検証を行う。

また、今回の営農型発電実証は、土地を所有する一般社団法人「鷲崎から始める佐渡を育てる会」の協力により実現したもので、同団体は主に農作物および太陽光発電システムの管理・運用を行う。同団体は、鷲崎地区の地場産物をはじめ、地域資源の付加価値を高める研究・調査・活用方法開発に加えて、自然エネルギーの有効活用を目指している。


ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカー。同社のCIS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用して独自技術で生産する太陽電池で、実際の設置環境における経済性および環境特性が高いことが特徴。

親会社である昭和シェル石油は、持続可能な社会システムの構築に向け東大IR3Sと共に、エネルギーの持続可能性の追求に取り組むとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.