> > 大林組、植物工場でつくったミニトマトを初出荷 農業ビジネスに本格参入

大林組、植物工場でつくったミニトマトを初出荷 農業ビジネスに本格参入

記事を保存
大林組、植物工場でつくったミニトマトを初出荷 農業ビジネスに本格参入

大林組は、グループ会社の農業生産法人「オーク香取ファーム」(千葉県香取市)が、太陽光型植物工場で栽培したミニトマトを5月に初出荷し、大林組グループとして農業ビジネスを本格的に開始したと発表した。

大林組では、新領域事業において、従前から農業ビジネスへの参入について検討を重ねてきた。オーク香取ファームの事業はその第一弾となる。

オーク香取ファームは、ミニトマトを栽培する農業生産法人として2014年11月に設立。農業ビジネスに定評のある農事組合法人和郷園(千葉県香取市)と提携し、和郷園の栽培指導や販売ルートの活用により事業を進めている。

現在は約2,000平米の太陽光型植物工場(従来の温室ハウスに温度・湿度・光量を制御する複合環境制御システムを装備した施設)でミニトマトを栽培しているが、今後は施設を約1ヘクタールに拡大する予定。植物工場の拡大に合わせて、工場内外の環境データを収集・分析して生育速度や収穫時期の予測・管理を実施する。

また、位置情報の管理システムなどを活用し、人の動きを見える化して作業効率を検証するなど、これまで建設事業などで培った環境制御や省力化に関する技術・ノウハウやICTを活用して、さらに栽培効率や生産能力を高めていく予定だ。

大林組は、栽培品種の多様化や人工光型植物工場によるビジネスも検討し、農業ビジネスの拡大に向けた取り組みを推進していく考えだ。

新事業として、再エネ発電事業・農業ビジネスを拡充・創出

大林組は「大林組グループ中期経営計画2015」(2015年度~2017年度)において建築、土木、開発事業に続く第4の柱として「新領域事業」を掲げ収益基盤の多様化を進めている。

新領域事業では、太陽光に次ぐ新たな再生可能エネルギー発電事業を中心とする新領域事業の拡充(風力バイオマス地熱など)、保有技術・ノウハウ等を活用した新たな事業モデルの確立と収益源の創出(農業・水素関連ビジネス等)、PPPプロジェクトへの取組み強化による収益の確保、の3つを柱としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.