> > 東京メトロ銀座線、非常用蓄電池に東芝SCiBを導入 安全性や低温特性を考慮

東京メトロ銀座線、非常用蓄電池に東芝SCiBを導入 安全性や低温特性を考慮

記事を保存
東京メトロ銀座線、非常用蓄電池に東芝SCiBを導入 安全性や低温特性を考慮

東芝(東京都港区)は6月14日、東京地下鉄(東京都台東区)の銀座線車両に、リチウムイオン二次電池「SCiB™」と充放電制御装置を組み合わせた非常走行用電源装置を納入したと発表した。

安全性・信頼性が採択のポイント

今回納入したのは、40編成分の非常走行用電源装置。本装置は、3月から順次納入を開始しており、搭載車両は4月から営業運転を開始している。東芝製の非常走行用電源装置が営業車両に搭載されるのは、今回が初めて。

非常走行用電源装置 イメージ

非常走行用電源装置 イメージ

本装置は、平常時に架線からの電源で「SCiB™」に蓄電し、停電など非常時に車両へ電力を供給する。また、車庫から出ている他の車両へも、従来型の外部電源を使用して電力を供給することもできる。

「SCiB™」は酸化物系材料などを使用し、外力などで内部短絡が生じても熱暴走を起こしにくい。また、耐低温特性も備えており、真冬の氷点下であっても、十分な性能を発揮できる。このように、地下鉄の非常走行用電源装置に要求される安全性と信頼性を満たしていることが評価され採択された。

さらに、「SCiB™」は材料や製造工程などを見直すことで、同社独自の環境影響に関する評価値が、およそ基準の半分に抑えている。

SCiB™の環境影響

SCiB™の環境影響

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.