> > 日本の電力需給バランスがわかる 電気事業者の供給計画のとりまとめデータ発表

日本の電力需給バランスがわかる 電気事業者の供給計画のとりまとめデータ発表

記事を保存

電力広域的運営推進機関は29日、電気事業者が国に届け出た2016年度の供給計画を取りまとめ公表した。

本取りまとめでは、電力需要や需給バランスについて、前年度の推定実績および2016年度の見通し(短期)、そして、本年度以降10年間の見通し(長期)を示すとともに、電源構成の変化に関する分析や、送配電設備増強計画、広域的運営の状況、電気事業者の特性分析等についてまとめている。

また、同機関は、電気事業法に基づき、取りまとめた2016年度供給計画および取りまとめにあたっての意見を経済産業大臣に提出した。本取りまとめに関する意見では、「小売電気事業者の供給力確保の実効性」と「稀頻度リスクへの対応」について言及している。

「小売電気事業者の供給力確保の実効性」では、小売電気事業者の多くが、中長期の供給力を「調達先未定」として計画していることを踏まえ、国に対して、実効性のある供給力確保の在り方について検討を進めることを求めている。

中長期の需給バランス見通し(8月エリア需要全国合計、送電端)

中長期の需給バランス見通し(8月エリア需要全国合計、送電端)

「稀頻度リスクへの対応」では、供給計画の取りまとめを通じて、電気事業者から示された懸念を受けて、東日本大震災のような電力需給が極めて厳しい状況となる事態が発生する可能性(稀頻度リスク)を踏まえ、国に対して、稀頻度リスクについての考え方を整理し、その対応について検討を進めることを意見している。

2016年度は安定供給できる見込み

本取りまとめでは、需給バランス評価に関して、実態に近い供給力を捕捉するために、同機関にて、取りまとめの直近(6月10日)までに供給計画を確認した発電事業者(69者)の供給計画も含めて評価を行った。

(※全文:2,728文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.