> > 改正FIT法の認定取り消しを回避 太陽光発電所の安全性検査・改善サービス

改正FIT法の認定取り消しを回避 太陽光発電所の安全性検査・改善サービス

記事を保存
改正FIT法の認定取り消しを回避 太陽光発電所の安全性検査・改善サービス

太陽光発電システムの設計・施工・販売を手掛けるエクソル(京都府京都市)は28日、新たなサービスとして「太陽光発電所評価検査」の提供を開始すると発表した。

このサービスでは、太陽光発電所の安全性を検査し、不具合がある場合は是正工事を実施、また、適切の保守・点検を行い、長期安定稼働の実現をサポートする。

改正FIT法では、長期安定的な発電を促す仕組みとして、太陽光発電における安全性の確保に向けた取組みが強化されている。同社はこのサービスにより、これから重要となる、太陽光発電所の安全性を確保・維持するニーズに対応する。

5つの項目を検査するサービス

同社では厳格な基準に基づき、太陽光発電所の安全性を検査し、評価する仕組みを整えている。本サービスでは、「電気」、「基礎架台」、「土木・排水」、「各種申請」、「設計機器選定」の5つの項目について、発電所の図面から現場状況までを検査する。そして、それらの検査結果を総合的に評価して、A~Eの5段階で判定し、評価報告書で報告する。他社が施工した発電所にも対応可能だ。

検査の結果、C~Eの判定となった発電所には不具合があると判断され、是正が必要になる。不具合のある箇所の是正工事を行うことで、安全性・健全性が確保された正常な発電所となる。その後、適切に、点検・保守を行うことで、長期安定稼働を実現できる正常な状態を保つ。

安全性の問題が改善されない場合は認定取消も

2016年5月、通常国会にて「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT法)」の改正案が成立した。法改正により、安全性に問題があると判断された太陽光発電所は、行政から指導・勧告・改善命令が行われる。そして、改善されない場合、設備認定が取り消される可能性もある。

今回の同社のサービスは、すべての発電所に起こりうる、このリスクから発生するニーズを狙ったものだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.