> > バイオガス発電で発生する消化液、下水処理場で適正処理する実証実験で公募

バイオガス発電で発生する消化液、下水処理場で適正処理する実証実験で公募

記事を保存

環境省は、6月30日、下水処理施設で発生させるメタンガスを活用する、バイオマス発電のモデル事業を行う事業者の公募を開始した。公募期間は7月29日(金)まで。

同事業の名称は、「平成28年度環境調和型バイオマス資源活用モデル事業委託業務」。地域内に存在する家畜ふん尿や食品残さ等を収集し、発酵させメタンガスを発生させる。そのメタンガスを活用したバイオマス発電で得られた電力・熱を下水処理施設等に供給し、発酵にて生じた消化液を下水処理施設で適正に処理することにより、CO2の削減を図る。

これら一連のフローを実証するもので、業務内容として下記2点が挙げられている。

(※全文:519文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.