> > 賃貸住宅の省エネ化補助金、2次公募へ 環境性能BELSを表示すれば最大60万円

賃貸住宅の省エネ化補助金、2次公募へ 環境性能BELSを表示すれば最大60万円

記事を保存

環境省は、7月4日より、省CO2性能に優れた賃貸住宅に補助を行う事業の2次公募を開始した。応募期間は7月21日まで。

この「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(賃貸住宅における省CO2促進モデル事業)」は、省CO2性能に優れた賃貸住宅の供給促進のため、低炭素な賃貸住宅を新築・改築するとともに環境性能を表示すれば、追加的に必要となる高効率な給湯・空調・照明設備などの導入経費に対し、最大60万円の補助金が受けられる事業。1次公募(4月19日~5月31日)では434件の応募があり、426件採択された(採択率98%)。

補助対象となる賃貸住宅の要件

補助の対象にはるのは、一般の消費者を対象とした民間の賃貸住宅。社宅や公務員住宅、寮、宿泊施設、事務所や店舗が併設された住宅などは対象外。また、下記の要件を満たしている必要がある。

(※全文:1488文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.