> > 愛知県春日井市、公共施設で屋根貸し太陽光発電 事業者の募集スタート

愛知県春日井市、公共施設で屋根貸し太陽光発電 事業者の募集スタート

記事を保存
愛知県春日井市、公共施設で屋根貸し太陽光発電 事業者の募集スタート

愛知県春日井市は20日、公共施設の屋根貸しにより太陽光発電をおこなう事業者を、8月2日より募集すると発表した。

この事業は、同市が市営住宅など公共施設5か所の屋根を有償で太陽光発電事業者に貸し出すもの。事業者は固定価格買取制度(FIT)を利用し、発電した電力の全量を売電できる。事業期間は20年間。

松原保育園の太陽光発電システム設置可能範囲

候補施設のひとつ、松原保育園の太陽光発電システム設置可能範囲。春日井市のウェブサイトで施設ぞれぞれの現地写真や航空写真、見取り図が確認できる

同公募の応募資格は、同市内に拠点を有する法人で、国内において屋根などに発電出力10kW以上の太陽光発電設備を設置、もしくは運営した実績がある事業者。コンソーシアムでの応募は不可。

屋根の月額使用料は、使用面積1平米あたり8円以上で応募者が提案する。この使用料は、同市の行政財産目的外使用料条例「事務所、車庫、倉庫、食堂、売店等として使用する場合 」により、建物価格の0.8%に、敷地価格の0.4%を加算した額以内で提案する。

各対象施設ごとに説明会がある

対象施設、現地説明会の日程などは下記のとおり。

名称 屋根面積(概算) 現地説明会日時
保健センター 809平方メートル 8月3日(水)15:00~
松原保育園 850平方メートル 8月3日(水)13:30~
上八田住宅 A棟 1,074平方メートル 8月2日(火)14:45~
東野住宅 C棟 840平方メートル 8月2日(火)16:00 ~
松新第1コミュニティ住宅 520平方メートル 8月2日(火)13:30 ~

質疑の受付は8月2日(火)から8月23日(火)まで、応募受付期間は8月2日(火)から9月9日(金)まで。その後プレゼンテーション審査を経て10月に採択事業者が決定される。

同市では、これまでに12施設で屋根貸しによる太陽光発電事業を実施しており、2015年度に採択した2事業も準備が進められているところだ。

【参考】
春日井市 - 公共施設の屋根を活用した太陽光発電事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.