> > 三菱電機の「中低圧」直流配電システム データセンターなども省エネ化

三菱電機の「中低圧」直流配電システム データセンターなども省エネ化

記事を保存

三菱電機は27日、発電・蓄電された直流電力をそのまま供給することで系統全体の消費電力を削減する、DC1500V以下のスマート中低圧直流配電システム「D―SMiree(ディースマイリー)」の事業展開を開始すると発表した。

このシステムでは、直流配電技術に加え、最新のスマートグリッド関連技術や蓄電池最適制御技術などによって「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」を実現し、データセンター、ビル、工場、駅などの用途にあわせた信頼性と経済性を両立する配電システムを提供する。

事業展開では、2016年7月に稼働開始した受配電システム製作所(香川県丸亀市)の「中低圧直流配電システム実証棟」を主要拠点に製品開発を進めるとともにシステム提案を強化し、2025年度までに売上100億円以上を目指す。

(※全文:1206文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.