> > 三菱電機の「中低圧」直流配電システム データセンターなども省エネ化

三菱電機の「中低圧」直流配電システム データセンターなども省エネ化

記事を保存
三菱電機の「中低圧」直流配電システム データセンターなども省エネ化

三菱電機は27日、発電・蓄電された直流電力をそのまま供給することで系統全体の消費電力を削減する、DC1500V以下のスマート中低圧直流配電システム「D―SMiree(ディースマイリー)」の事業展開を開始すると発表した。

このシステムでは、直流配電技術に加え、最新のスマートグリッド関連技術や蓄電池最適制御技術などによって「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」を実現し、データセンター、ビル、工場、駅などの用途にあわせた信頼性と経済性を両立する配電システムを提供する。

事業展開では、2016年7月に稼働開始した受配電システム製作所(香川県丸亀市)の「中低圧直流配電システム実証棟」を主要拠点に製品開発を進めるとともにシステム提案を強化し、2025年度までに売上100億円以上を目指す。

具体的には、2016年7月から開始した380V級の直流配電システムの実証結果を基に、製品・システム群を拡充し、順次、380V級システムを市場投入していく。また、2017年度から1500V級システムに適用範囲を拡大し、国内・海外市場に展開する予定。

電力変換で生じる電力損失

近年、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーと電力を有効に使用するための蓄電池を組み合わせたスマートグリッドが増加しており、これらは直流で発電・蓄電されている。また、電力を消費する側のLED照明やテレビなど、多くの電気機器は直流電力で動作している。

一方、配電システムが交流であるため、発電側では直流から交流へ、電力を消費する側では交流から直流への変換が必要で、変換の都度、電力損失が発生している。

そこで、電力を無駄なく活用できる直流配電システムが注目されている。その背景には、デジタル化・クラウド社会の到来によるデータセンター需要の拡大や、東日本大震災以降の事業継続性(BCP)への意識の高まり、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーと蓄電池の利用拡大やビルのZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化などがある。

「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」を実現

スマート中低圧直流配電システム「D―SMiree」の特長として、「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」をあげる。「創エネ」は、直流には交流のような周波数がないため、複数の電源を並列接続する場合に同期を考慮する必要がなく、太陽光・風力等の分散型再生可能エネルギーの接続が容易になる。「蓄エネ」では、発電予想・需要予想機能により蓄電池を最適に制御し、蓄電エネルギーを有効活用する。「省エネ」では、従来の交流配電に比べ、交流・直流の電力変換回数や変換ロス削減により省エネ化を図る。

同社は、電力・鉄道分野およびデータセンター向けの直流配電システムの実績・ノウハウを結集し、スマート中低圧直流配電システム「D―SMiree」として、革新的な配電システムの事業展開を進めていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.