> > JET、太陽光発電O&Mの認証制度スタート 保守点検の業者・報告書をチェック

JET、太陽光発電O&Mの認証制度スタート 保守点検の業者・報告書をチェック

記事を保存
JET、太陽光発電O&Mの認証制度スタート 保守点検の業者・報告書をチェック

一般財団法人電気安全環境研究所(JET)は、直流1,500V以下の非住宅用50kW以上の太陽光発電システムを対象に、保守点検等が適切に実施されていることを示す仕組みとして、保守点検報告書をガイドラインに照らして認証する事業を8月1日より開始した。

事業名は「JET太陽光発電システム保守点検認証事業(JET PV O&M認証)」。この認証事業では、登録・認証された「保守点検業者」・「保守点検技術者」が、太陽光発電システムの保守点検を行い作成された報告書がガイドラインに適合する場合、認証を行うもの。

登録・認証された保守点検業者、保守点検技術者および報告書は、JETの認証マークの使用が可能となる。この認証は、太陽光発電システムの運用者や保守点検業者ににとって有用なものだとして、活用を呼び掛けている。

JETは、「太陽光発電システム監視・点検技術に関する調査検討会」を設置し、定期的な点検・不具合の調査が適確かつ効率的に実施されることを目的として、「太陽光発電システムの定期点検及び不具合調査に関するガイドラインについての報告書」をとりまとめた。この認証事業は、この報告書で示されたガイドラインを活用して実施する。

認証を受ける場合、まず、太陽光発電システムの保守点検を行う事業を営む「保守点検業者」、事業者に属し保守点検に従事する「保守点検技術者」について、JETが定める事業者等要件に適合することを事前確認した上で、登録・認証を受ける必要がある。

なお、この認証は、直流1,500V以下の非住宅用50kW以上の太陽光発電システムを構成する太陽電池モジュール、アレイ、接続箱、パワーコンディショナ等までの直流電気回路および太陽光発電システムを設置するサイト環境を保守点検報告書の対象としている。

JETは、第三者認証機関として、電気用品安全法に基づく電気製品等に係る試験・検査・認証業務等を行っている。

【参考】
電気安全環境研究所(JET) - JET PV O&M認証を開始いたしました

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.