> > 「環境技術実証事業」、地中熱・下水熱を利用する冷暖房技術2件を選定

「環境技術実証事業」、地中熱・下水熱を利用する冷暖房技術2件を選定

記事を保存

環境省は、2016年度の環境技術実証事業について、ヒートアイランド対策技術「地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム」の実証対象技術2件を選定した。

この分野では、地中熱・下水等と外気との温度差を利用して、住宅の冷暖房を行う技術について、地中熱・下水等を熱源とした水冷式ヒートポンプ、地中熱交換部、およびそれらを組み合わせたシステム全体を対象に、実証試験を実施している。

今回、「実証単位(A)システム全体」で、ジオシステムによる「東京都練馬区の戸建住宅におけるタンク式地下水熱交換器を使用した地中熱空調システム」、「実証単位(B)地中熱・下水等専用ヒートポンプ」で、日本ピーマックによる「水熱源ヒートポンプユニット再生可能エネルギー対応 WDX50BA」を選定した。

※全文:1466文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.