> > ソニーモバイルと東京電力EPが提携 スマートハウスでのIoT活用サービスを開発

ソニーモバイルと東京電力EPが提携 スマートハウスでのIoT活用サービスを開発

記事を保存

ソニーモバイルコミュニケーションズと東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)は、あらゆるモノをネットにつなぐIoTを活用した住宅分野でのサービスにおいて、業務提携の検討を開始した。

両社は23日、機器やセンサーをネットワークにつなぎ機器間を連携させ、照明や空調、セキュリティを制御することで実現する快適な住環境「スマートハウス」の分野で、IoT活用サービスの開発と提供に向けた業務提携の検討を開始する基本合意書を締結したと発表した。

今回の基本合意書締結を通じて、両社の技術とノウハウを組み合わせることで、利用者のライフスタイルに合わせたサービスの企画・開発を行い、フィールドトライアル等の検証、業務提携の契約締結を経て、来年以降、IoTを活用したサービスの開始を目指す。

(※全文:907文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.