> > 日本ロレアル、本社・工場の電力をグリーン電力に切り替え

日本ロレアル、本社・工場の電力をグリーン電力に切り替え

記事を保存
日本ロレアル、本社・工場の電力をグリーン電力に切り替え

グリーン電力証書システムについて

日本ロレアル(東京都新宿区)は8月29日、本社や製造工場で使用する年間消費電力計600万kWをグリーン電力に切り替えると発表した。

本社から工場まで全面切り替え、グリーン電力証書を活用

対象となる施設は本社(東京都新宿区)・製造工場であるコスメロール(静岡県御殿場市)・日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター(神奈川県川崎市)の3つ。石巻合板工業(宮城県石巻市)のバイオマス発電所から電力を取り入れる。

今回の切り替えで日本ロレアルは日本自然エネルギー(東京都品川区)が発行するグリーン電力証書を利用する。化粧品業界でグリーン電力への全面切り替えは、国内最大規模となる。

大手から中小まで 切り替えが進むグリーン電力

グリーン電力の導入は様々な業界で進んでいる。例えば、東武鉄道(東京都墨田区)では、埼玉県のつきのわ駅前の分譲住宅地「フランサ」で年間100万kWhのグリーン電力証書を導入している。

また、池内タオル(東京都港区)では、会社全体で使用する電力約40万kWhを、グリーン電力証書を利用して風力発電に切り替え、さらにCO2排出量ゼロの「風で織るタオル」を開発販売。

アサヒビール(東京都墨田区)の神奈川工場では、電力使用量20%を風力でまかなっているなど、グリーン電力は多くの業界で導入が促進されており、今後も導入が続けられることが求められている。

日本ロレアルについて

日本ロレアルは国内でも屈指の化粧品会社で、「イヴ・サンローラン」や「シュウ ウエムラ」など22のブランドを取り扱っている。

ロレアルグループ全体で2020年までにCO2排出量、水消費量、廃棄物発生量を2005年対比でそれぞれ60%削減するグローバル目標を掲げており、今回の切り替えはこの目標へのアプローチの一環として進められている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.