> > 千葉県流山市、公共施設でESCO事業(空調、LED照明)の提案を募集

千葉県流山市、公共施設でESCO事業(空調、LED照明)の提案を募集

記事を保存

千葉県流山市は、公共施設において空調設備の更新や照明のLED化を条件とした、小規模ESCO事業の提案型公募を、8月25日より実施している。

この事業は、流山市コミュニティプラザの空調設備の全面的な更新と、照明のLED化により、指定管理委託料に含まれる光熱水費を削減し、削減保証相当額をESCO事業のサービス料にあてるもの。同公募は、民間事業者が企画・設計・施工、事業資金計画、運転管理指針および維持管理等に関する一括提案を行う。なお、小規模なESCO事業であるため、設備の改修や更新に必要な費用の一部は、サービス料に上乗せして支払われる。対象となる施設は、延べ面積3,046平方メートルの体育施設だ。

応募資格

ESCO事業を実施する能力のある民間企業およびコンソーシアム。提案提出後に、設立条件などが同市と合意すれば、事業運営を目的とした特定子会社を設立することもできる。また、9月12日に予定されている現場開放日への参加は、応募の必須条件となっている。

企画提案時の要件

施設全体の省エネルギー率が、10%以上であること、地下水の利用提案をしないことなど。設備更新に関する条件は空調設備の全面更新および、天井・壁等の照明・施設内の誘導灯をすべてLED化すること。

応募者は、流山市が公開している「ベースライン基本データ」の過去3年間のエネルギー使用量および光熱水費の単純平均値に、同市が提示する維持管理費相当額および設備の更新見込み額(10年で5,900万円)を加えた金額を、「応募時ベースライン」として提案する。

また、技術提案の内容に従い、同市が設定する光熱費単価で削減額を算出し、その根拠も明示することが必要だ。

なお、同施設内で現在稼働中の既存の空調設備のメーカーと型番は、公募要項に明記されている。

今後のスケジュール

提案書の提出期間は10月3日~7日まで。10月下旬のプレゼンテーションを経て11月初旬に最優秀事業案が決定する。契約締結は2017年8月、その後、工事期間は2018年3月まで。2017年4月より事業開始となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.