> > 水害で壊れた太陽光発電、点検・撤去手順まとめ JPEAがいつも通り注意喚起

水害で壊れた太陽光発電、点検・撤去手順まとめ JPEAがいつも通り注意喚起

記事を保存
水害で壊れた太陽光発電、点検・撤去手順まとめ JPEAがいつも通り注意喚起

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

太陽光発電協会(JPEA)は31日、台風10号による大雨で、東北地方を中心に大きな被害が出ていることを受け、水害で太陽光発電システムが被災した場合の対処方法をまとめた文書を改めてホームページに掲載した。

水害にあった太陽光発電システムやパワーコンディショナ等は感電リスクがあるので、近づいたり触れたりしないよう注意を呼び掛けている。また、太陽光発電システムの水害時は、50kW未満の場合は販売施工事業者に、50kW以上の場合は選任されている電気主任技術者に連絡し対策をとる。

この文書では、太陽光発電システムの電気主任技術者・販売施工事業者等、太陽光発電システムや周辺電気設備に充分な知見がある者に向けて、公共産業用システムが水害により被災した場合の点検・撤去に関する手順と留意点についてまとめている。

感電リスクがあるので近づかない・触れない

水害にあった太陽光発電システムは機能不全となるが、太陽電池パネルは光が当たると発電するため、電力系統側を遮断し、パワーコンディショナーを停止しても、直流側のケーブルや機器端子は充電されている状態となる。また、被災することで絶縁性が低下し、予期しない箇所に電流や電圧が印加されている場合がある。

そのため水害を受けた、太陽光発電パネルやパワーコンディショナ、太陽電池パネルと電線との接続部は、接近または接触すると感電するおそれがあるため、近づいたり触れたりしないこと。点検・撤去する場合は、感電リスクに充分留意しなければならない。

水害時における公共産業用システムの点検・撤去に関する手順・留意点

一般的な安全対策と、点検・撤去の手順と注意事項についてまとめている。

1.一般的な安全対策

点検・撤去時の服装や感電防止対策、作業区画の明確化、使用する器具について記載されている。作業区画の明確化では、公衆の安全を確保するため、作業の着手に当たっては、区画ロープ・標識板(立入禁止等)などにより作業範囲を明示する。

2.点検・撤去の手順と注意事項

点検時、太陽光発電システムの各設備を取り扱う場合、電力系統側から受変電設備(低圧の場合は主幹ブレーカ)、パワーコンディショナ、集電箱、接続箱、太陽電池アレイでの準で作業を行うことが望ましい。但し、絶縁抵抗の測定は全ての機器のブレーカーや断路器等を開放後に実施する。

電力系統の遮断、パワーコンディショナの停止・解列、集電箱の解列、太陽電池モジュールの解列・撤去などの手順についてもまとめている。

水害時の太陽光発電システムの取り扱いに関する文書について

今回、JPEAが掲載した文書「太陽光発電システム被災時の点検・撤去に関する手順・留意点【水害編】」は、2015年10月に、水害時の公共産業用太陽光発電システムの取り扱いについて情報発信することを目的にとりまとめ公表したもの。また、2015年9月11日付けで発表した文書「太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について」も別添している。

このほか、これらの文書と併せて確認するべき文書として、日本電気協会の「自家用電気工作物保安管理規程」や、日本電機工業会の「小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドライン」、JPEAの「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【10kW以上の一般用電気工作物】」を紹介している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.