> > 太陽光発電の故障位置を即特定する新型計測器 保守・点検業務を低コスト化

太陽光発電の故障位置を即特定する新型計測器 保守・点検業務を低コスト化

記事を保存
太陽光発電の故障位置を即特定する新型計測器 保守・点検業務を低コスト化

PV用直流安全検査装置 DC Fault Tester

新栄電子計測器(神奈川県藤沢市)とオムロンは1日、国内で初めて太陽光発電の点検・保守業務で使われている計測器の4つの機能を1台に集約した、PV用直流安全検査装置「DC Fault Tester」(DCFT)を12月より発売すると発表した。

また、この製品にはオムロン独自のセンシング技術「AISET™」を搭載。これは太陽光発電などの直流電流(DC)における故障位置を特定する技術で、従来のように太陽光発電パネルを1枚単位で計測しなくても、故障の有無と位置特定を接続箱単位で一度に行うことが可能なため、保守作業時間を大幅に削減することができる。さらに、膨大なデータを計測・分析するのではなく、太陽光パネルの故障特徴に合わせたセンシング技術のため、計測器の小型・ローコスト化を実現した。本製品のサイズは170mm(W)×260mm(H)×70mm(D)(※突起物除く)とコンパクトだ。

両社は、本製品を通じ、太陽光発電システムの点検・保守業務における作業効率の軽減・改善およびライフサイクルコストの削減と長期安定稼働をサポートする。

本製品はオープン価格で、販売目標(3年間累計)は5,000台。なお、本製品は9月7日(水)~9日(金)にインテックス大阪で開催される「太陽光発電システム施工展」の新栄電子・オムロンブースに展示する。

太陽光発電システムの様々な故障を1台で検出

主な特長

主な特長

本製品は新栄電子計測器が開発した。4つの測定機能(開放電圧測定・地絡抵抗値測定・直列抵抗値測定・バイパスダイオードのVf測定)を1台に集約。主な故障モードに対して、1台のみで対応が可能となる。太陽光発電システムの故障が発生した場合、従来は複数の計測器(主に4、5台)を現場に持ち込み、現象に合わせて使用する必要があった。また、オムロン独自のAISET™技術により、各種故障の位置を接続箱から検出が可能となった。

対象となる計測は、断線検知、開放電圧、直流抵抗など発電低下停止リスクに関するものと、絶縁/地絡抵抗、BPD検査など火災・感電などの事故リスクに関するもの。同時に効率よくセンシングすることで、太陽光発電の発電維持と安全性の確保に貢献する。

今後ますます重視されるシステムの長期安定稼働や安全性

2012年夏に始まった再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT法)により、太陽光発電システムの普及は飛躍的に拡大してきた。また本年6月に制定された改正FIT法における点検・保守体制の義務化をはじめ、発電量の維持の義務化や安全性法令遵守が今後も定められていくと思われ、システムの長期安定稼働や安全性はますます重要視される。そのためには、点検・保守業務の効率化やコスト削減、さらには火災・感電等のリスクを最小限化する必要がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.