「間隔を狭め、影がかかっても発電量が増える」太陽光発電所の新工法

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです
土地に空きスペースがなくても、モジュールの増設が可能

エクソル(京都府京都市)は2日、野立て設置の太陽光発電所において、新発想のシステム設計により、土地に空きスペースがなくても太陽電池モジュールの増設を実現する新工法「X-large(エクスラージ)」の提供を開始すると発表した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報