> > 「住宅省エネリノベ―ション促進事業費補助金」、3次公募・5次公募スタート

「住宅省エネリノベ―ション促進事業費補助金」、3次公募・5次公募スタート

記事を保存

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)は、2016年度補正予算「住宅省エネリノベ―ション促進事業費補助金」の集合住宅(個人)の三次公募および集合住宅(全体)の五次公募の受付を開始した。申請期間は2016年10月31日(月)17時まで。

「住宅省エネリノベ―ション促進事業費補助金」は、住宅の省エネ化を図るリノベーション促進のため国が支援する補助制度である。既築住宅の高性能なガラス、窓、断熱材を用いた断熱改修を支援するとともに、戸建住宅においては、高性能な家庭用設備の導入・改修の支援も行う。一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)は、住宅全体の一次エネルギー消費量の15%以上の削減が見込まれるか改修を行う者に対して、その費用の一部を補助する。

今回は戸建住宅・集合住宅(個人)の三次公募、集合住宅(全体)の五次公募を実施。その総額は約38億円で、戸建住宅および集合住宅における、個人の所有者、管理組合等の代表者、個人・法人の所有者、所有を予定している個人のいずれかに該当する者が公募資格を持ち、リース事業者等との共同申請も認められている。申請要件の詳細は公募要領を参照のこと。

集合住宅では、ガラス・窓・断熱材の3点が、戸建住宅ではそれらに加え、蓄電システム・高効率給湯機の2点を入れた計5点の材料費・工事費が補助対象となる。また、ガラス・窓・断熱材はSIIが定める性能用件等を満たす製品を使用することが条件となっている。高効率給湯機にも、こまかい指定があるため、公募要領を要参照のこと。

ガラス・窓・断熱材は1戸につき150万円を上限とした補助対象費用の1/3以内、蓄電システムは補助対象費用の1/3または50万円のいずれか低い金額を上限とし、定額5万円/kWh、高効率給湯機は15万円を上限とし、補助対象費用の1/3以内が補助される。

戸建住宅・集合住宅(個人)の三次公募および集合住宅(全体)の五次公募の申請期間はどちらも2016年10月31日(月)17時までとなっている。希望者はSIIホームページの「住宅省エネリノベーション」のページから「申請様式」をダウンロードし、郵送にて必要書類を提出すること。

【出典】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.