> > 茨城県の荒廃農地を転用して設置したメガソーラー 地元銀行が融資

茨城県の荒廃農地を転用して設置したメガソーラー 地元銀行が融資

記事を保存

常陽銀行(茨城県水戸市)は、9日、クリーンエネルギー事業を展開するいちご(東京都千代田区)の100%出資合同会社が行うメガソーラー発電事業に対し、融資を行ったと発表した。

融資を受けた「いちご取手下高井ECO発電所合同会社」は、茨城県取手市下高井地区の農地の北と南の2ヶ所に、合計約1.5MWzの太陽光発電施設を設置し、今年7月11日より発電所の運転を開始している。売電収入の一部は周辺農地の整備等に充当される予定で、地域貢献度の高い事業だ。

(※全文:651文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.