> > 青森県弘前市の「雪国対応型メガソーラー」 実証事業の発電実績116%の秘密

青森県弘前市の「雪国対応型メガソーラー」 実証事業の発電実績116%の秘密

記事を保存

弘前市は、市有地を活用し実施する豪雪地帯におけるメガソーラー実証事業で、開始後から1年目の成果が発電実績116%と、計画を上回ったと発表した。

この「弘前市雪国対応型メガソーラー実証事業」は、弘前市と、地元企業が出資し設立した子会社ひろさきアップルパワーが行うもの。2012年度に青森県の委託事業として実施されたメガソーラー適地調査・研究事業の結果において、積雪量が多いなど条件の厳しい地域でも、行政との連携によりメガソーラー発電の事業化の可能性があるという指摘にもとづき、長期的な実証が2015年7月から開始された。この事業により、豪雪地域におけるメガソーラー実現のモデルとしての事業化を図るとともに、同市のエネルギーの地産地消等を推進する。なお、同市は、市有地の埋立処分場第一次施設跡地を事業用地として無償で提供し、ひろさきアップルパワーが必要な費用すべてを資金調達しメガソーラーの設計・建設、売電を行う。同メガソーラー発電所の施工費用は4億円。

(※全文:1745文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.