> > 関西電力、大分県での風力発電事業で計画段階環境配慮書を提出

関西電力、大分県での風力発電事業で計画段階環境配慮書を提出

記事を保存

関西電力は10月5日、大分市・臼杵市で検討を進めている最大32,000kWの風力発電所開発において、「環境影響評価法」に基づき、「計画段階環境配慮書」とその要約書を経済産業大臣・大分県知事・大分市長・臼杵市長へ提出した。

この開発計画は2,000~3,000kW級の風力発電設備を最大16基程度設置する風力発電事業。大分県大分市と臼杵市の行政付近から、大分市東部へと連なる尾根筋への設置が計画されている。

一定規模以上の開発は環境影響評価が必要

「計画段階環境配慮書」とは、配置・構造または位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての自社評価を記載した文書。

環境影響評価法で定義されている大規模な事業(第一種事業)を実施する事業者は、この計画段階環境配慮書を作成しなければならない。

(※全文:1401文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.