> > ヤンマー、ミャンマーで籾殻を活用した資源循環型バイオガス発電スタート

ヤンマー、ミャンマーで籾殻を活用した資源循環型バイオガス発電スタート

記事を保存
ヤンマー、ミャンマーで籾殻を活用した資源循環型バイオガス発電スタート

リノベーション・実証の概要

ヤンマー(大阪府大阪市)は、12日、ミャンマー連邦共和国において、籾殻を活用したバイオマスガス化発電の実証試験を2017年度から開始すると発表した。現地試験プラント建設の起工式は、現地時間の10月11日に行われた。

ミャンマーは、GDPの約3割を農業が占め、人口の約6割が農業分野に従事する、東南アジアでも有数の農業大国だ。米の生産量については2013年度は年間2,877万トン、海外への輸出量も130万トンで、米は同国において主要な輸出品目である。また、同国では、水力を中心とした電力供給が約7割と高く、地方を含めた平均電化率は3割弱という状況で、安定した電力供給が課題となっている。

ヤンマーはバイオマスガス化発電の実証試験を国内各地で行い、ノウハウを蓄積しており、ミャンマーで毎年大量に発生する籾殻をこの発電技術に有効活用し、地方電化に貢献できる可能性に着目した。同社は2014年1月に、NEDOが実施する調査事業「ミャンマー国籾殻ガス化発電の現状と無電化村電化の実現可能性に関する情報収集」の委託事業者として採択されている。

なお、今回の実証事業は、環境省の「平成27年度途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業」に採択され実施されるもの。同社は、現地のパートナー企業MAPCO(Myanmar Agribusiness Public Corporation)と積極的に連携し、2017年度から実証を開始する予定だ。MAPCOは、ミャンマーの精米設備運営会社。

同実証のために建設されたプラントは、日本の既存システムに対して籾殻の無固形化処理と自動化などのシステム簡易化のリノベーションにより、省エネ化と低コスト化を実現するもの。また将来的には、このシステムを他国にも展開していくことを視野にいれ、2020年には累計15箇所、2030年には累計30箇所に、普及させる計画だ。

【出典】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.