> > 大容量蓄電池でふえた再エネ発電の系統接続枠 福島県が3次公募(29MW)

大容量蓄電池でふえた再エネ発電の系統接続枠 福島県が3次公募(29MW)

記事を保存

福島県は、南相馬変電所(福島県南相馬市)の大型蓄電池を活用した「優先的な接続枠」の3次公募を開始した。この枠に採択された太陽光発電事業者は、無補償の出力制御の上限が年間30日までとなるルールが適用される。公募期間は2016年12月16日まで。同公募での募集容量の合計は、2万9,217kW。

この大型蓄電池は、「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」で、東北電力(宮城県仙台市)が同県の避難解除区域に再生可能エネルギー導入のため、国の補助を活用し整備を進めるもの。

(※全文:618文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.