> > 電気自動車の中古バッテリーを家庭用蓄電池に 太陽光発電と連携させる実験

電気自動車の中古バッテリーを家庭用蓄電池に 太陽光発電と連携させる実験

記事を保存
電気自動車の中古バッテリーを家庭用蓄電池に 太陽光発電と連携させる実験

本実験のフロー(一部)

山口県は10月17日、電気自動車の普及に伴い増加が見込まれる中古バッテリーを、太陽光発電と連携した家庭用蓄電池として再使用し、省エネ効果などを検証する試験を実施すると発表した。

今回使用するエネルギーは4.1kWの太陽光発電と9.6kWhの蓄電池(中古バッテリー使用)。この実験は家庭用蓄電池としての中古バッテリーの有効性と太陽光発電と組み合わせた省エネ効果を検証するために実施する。

実験は2016年10月24日から山口県産業技術センター内試験場にて、県立美祢青嶺高校の大気測定局で2017年2月から行われる予定で、山口大学と山口県環境政策課、フォーアールエナジー(神奈川県横浜市)、長州産業(山口県山陽小野田市)の産官学連携プロジェクトとして行う。

離島の電力問題にもEVリユース蓄電池

電気自動車のリユースについては、鹿児島県の離島で先行事例がある。

鹿児島県薩摩川内市と住友商事(東京都中央区)は、市内の離島である甑島(こしきしま)に電気自動車(EV)の使用済み電池を再利用したEVリユース蓄電池システムを2015年11月19日に完工している。

離島のように系統が小さい自治体では、出力変動が大きい再エネの導入は蓄電池などを利活用して電力を安定化しなければならない。

こちらの事業では、EVリユース蓄電池システムを段階的に電力会社の系統へ接続させ、甑島に点在する複数の再エネをひとつの蓄電池でまとめて安定化し、島内にできるだけ多くの再エネを導入する検証を行っている。

今後は経済性の高いEVリユース蓄電池システムを用いた低コスト事業モデルを確立し、補助金に頼らない再エネの普及環境整備を目指す。

今後増加する見込みの電気自動車において、使用済みの電池やバッテリーの再利用については需要増が期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.