> > ASKUL、電気自動車の配送拠点を東京都・世田谷に設置

ASKUL、電気自動車の配送拠点を東京都・世田谷に設置

記事を保存

アスクル(東京都江東区)は17日、商品の配送用電気自動車(EV)の配送拠点「世田谷デポ」を10月16日より稼動開始したと発表した。同社では、今年の8月末から、グループ会社ASKUL LOGISTによる環境に配慮したEVでの配送を行っている。

同デポには、日産自動車のEV「e-NV200」が12台導入された。このデポを配送拠点として、8月から開始した生活雑貨通販「LOHACO」の新受取りサービス「Happy on Time」や、法人の顧客向けに、都内の配送をEVで行う。なお、同デポの外壁やEV、およびドライバーのユニフォームのデザインは、「エコ」「親しみやすさ」「街になじむ」がコンセプトだ。

(※全文:772文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.