> > 「土地つき」の小形風力発電所も登場 個人の投資狙う

「土地つき」の小形風力発電所も登場 個人の投資狙う

記事を保存
「土地つき」の小形風力発電所も登場 個人の投資狙う

導入予定の小型風力発電機XZERES 442SR

太陽光発電施設の施工・管理、再生可能エネルギーシステムの開発や不動産事業を展開する株式会社フィット(徳島県徳島市)は、個人向け投資商品として「コンパクトウィンド発電所(小形風力)」の販売に乗り出す。太陽光発電と同等期間で投資回収を可能とする、利回り10%以上を目標とした提案を行っていく予定だ。

現在、すでに施工例となる自社所有の小形風力発電所を申請手続中で、徳島県小松島市に設置準備を進めている。完成後は「コンパクトウィンド発電所」の購入希望者を対象に、実際に稼働状況を見ることができる見学会や売電データなどの公開を予定している。

「土地」×「風力発電機」のパッケージ展開

「コンパクトウィンド発電所」は、事前に調査した風力発電に適した土地をフィットが用意。その上に出力10kWのプロペラ型小形風力発電機XZERES 442SR(米国・エグザラス社製)を2機設置し20kWとした風力発電システムである。同社によると、土地と風力発電機がセットになったパッケージ販売のため、用地を探す手間なく購入することが可能とのこと。

全国展開を視野にノウハウを提供へ

「コンパクトウィンド発電所」の販売は、同社が展開する小型太陽光発電施設である「コンパクトソーラー発電所」と同様に全国展開も想定しており、販売代理店の募集も行う。

フィットの持つ立地・風力調査技術をはじめ、土地仕入れ・コストダウンなどのノウハウの提供をするほか、セミナー運営など集客・販売もサポートする予定。今後はコンパクトソーラー発電所を組み合わせた建設なども支援していく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.