> > 北海道、中小水力発電の導入方法がわかる勉強会を開催 参加費は無料

北海道、中小水力発電の導入方法がわかる勉強会を開催 参加費は無料

記事を保存
北海道、中小水力発電の導入方法がわかる勉強会を開催 参加費は無料

北海道は、11月に道内の中小水力発電の導入促進を目的とした勉強会を開催する。参加費は無料。

この勉強会では、道内における水力発電所の設計や事業検討で実績を有する講師を招き、中小水力導入検討プロセスを解説した講義を行う。また、事業採算性評価の実習に取り組みながら、評価プロセスを体験し理解を深める。参加者は、この勉強会での体験をそれぞれ持ち帰り、今後、道内での同事業導入検討に役立てたい。

開催日時は2016年11月16日(水)、13:30~16:00(開場13:00~)。会場は北海道建設会館9階「中会議室」(札幌市中央区北4条西3丁目1番地)。講師は北電総合設計株式会社、土木部建設技術室長(兼務)次長の吉田 考一氏が務める。講義内容は下記の通り。

中小水力導入検討プロセスについて

中小水力発電の導入可能性検討の基本的な流れとして、発電地点の選定、基礎資料・データの収集、法令・規制の整理、発電規模や電力利用方法の検討、事業採算性の評価などのポイントや課題を解説

演習「中小水力導入の事業採算性評価について」

グループを構成し、事業化検討において大きなポイントとなり、河川、農業用水路、上下水道など、どのような水利に対しても応用が利くコストパフォーマンスから見た最適な発電規模の求め方等を体験し理解を深める。


参加申し込みはファックスで受け付けている。定員は20名。事務局は北海道二十一世紀総合研究所が運営している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.