太陽光発電事業者の倒産 理由は「事業上の失敗」、「資金欠乏」が多め

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

10月31日、東京商工リサーチは2016年1~9月の太陽光発電の関連事業者の倒産件数は42件(前年同期比10.5%増)に達すると発表した。このままのぺースで推移すると、2015年の54件を上回り、調査開始(2000年)以降、最多を記録すると見込まれる。

倒産原因は「安易な事業計画」「過小資本」

東京商工リサーチによると、倒産原因として「販売不振」が最も多く21件(構成比50.0%)と半数を占めた。次いで、「事業上の失敗」8件(同19.0%)、「運転資金の欠乏」6件(同14.2%)と続く。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報