> > 太陽光発電事業者の倒産 理由は「事業上の失敗」、「資金欠乏」が多め

太陽光発電事業者の倒産 理由は「事業上の失敗」、「資金欠乏」が多め

記事を保存

10月31日、東京商工リサーチは2016年1~9月の太陽光発電の関連事業者の倒産件数は42件(前年同期比10.5%増)に達すると発表した。このままのぺースで推移すると、2015年の54件を上回り、調査開始(2000年)以降、最多を記録すると見込まれる。

倒産原因は「安易な事業計画」「過小資本」

東京商工リサーチによると、倒産原因として「販売不振」が最も多く21件(構成比50.0%)と半数を占めた。次いで、「事業上の失敗」8件(同19.0%)、「運転資金の欠乏」6件(同14.2%)と続く。

また、全業種通しての倒産(6,360件)の理由と比較すると、「事業上の失敗」は全業種だと4.6%(295件)のところ19.0%(8件)、運転資金の欠乏を含む「過小資本」が全業種だと5.3%(338件)のところ16.7%(7件)と、太陽光発電事業者の倒産理由には特徴があることがわかる。

(※全文:1587文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.