> > 東大が開発、太陽光発電モジュール単位で監視する新技術 さらに安価で正確に

東大が開発、太陽光発電モジュール単位で監視する新技術 さらに安価で正確に

記事を保存
東大が開発、太陽光発電モジュール単位で監視する新技術 さらに安価で正確に

新技術『PPLC-PV』の概要

東京大学大学院 情報理工学系研究科講師の落合秀也氏は、太陽光発電の稼働情報をモジュールごとに管理する新技術『PPLC-PV:A(Pulse Power Line Communication for Series-Connected PV Monitoring)』を発明したと発表した。

これは、太陽電池モジュールの製造時にこの技術を取り入れた通信装置を取り入れるだけで、モジュールごとの情報を取得できる、というもの。この技術と遠隔監視システムやO&M技術など既存のIoT技術と組み合わせれば、モジュール単位での保守管理が可能になる。

特徴は直列接続のストリングに対応できるという点で、既存の電力線通信(PLC)は並列接続対応のものが多く、太陽光発電への導入には向かなかったが、この技術であれば太陽光発電で主流の直列接続に対応することができる(太陽光発電は電力の損失を小さくできるなどの理由で直列接続が多く選ばれている)。

また技術の構成も、汎用の電子部品による単純な構成で成り立っているということで、安価に実装できることが予想される。

売電収入の最大化や安定化、防災・災害対策のために太陽光発電に正確な保守管理装置が必要と認知が広まってきている。しかし、大型の発電所となると人の手で全てを点検しきれなかったり、既存の遠隔監視システムも高価なシステムが多く、売電収益を圧迫する要因となっていた。本技術のような安価で正確な技術が、既存技術を組み合わされば、より発電事業者に負担無く安定した売電収益を提供してくれそうだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.