> > 日本初の「燃料電池フォークリフト」が販売開始 環境省から異例のPR

日本初の「燃料電池フォークリフト」が販売開始 環境省から異例のPR

記事を保存
日本初の「燃料電池フォークリフト」が販売開始 環境省から異例のPR

環境省は、15日、豊田自動織機(愛知県刈谷市)製の燃料電池フォークリフトが国内で初めて、今月市販されると発表した。このフォークリフトは、同省の開発・実証事業による技術を搭載し製品化されたもので、第1号車は関西国際空港に導入される。

同フォークリフトに搭載された技術を開発・実証した事業「燃料電池フォークリフトの実用化と最適水素インフラ整備の開発・実証」(2014年度~2016年度、豊田自動織機・岩谷産業)は、同省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」において採択され、環境性、作業効率向上の観点からニーズの大きい燃料電池フォークリフトおよび最適化された水素供給用インフラについて、技術開発と実証が行われてきた。

具体的な事業内容は、燃料電池を産業車両で実用化する際の課題である、低コスト化やシステム効率と耐久性の向上等を目指し、燃料電池ユニットおよびそれを搭載した試験車両を製作し、フォークリフトに搭載される燃料電池の性能や耐久性等について評価した。

また、最適水素インフラ整備の開発・実証では、関西国際空港の国際貨物地区内における実証試験により、国内で初めて下記の取り組みを実施している。

  1. 燃料電池フォークリフト用水素ステーションから40MPa高圧水素配管を伸ばし、ステーションから離れた倉庫内にあるディスペンサーへ水素を供給する。
  2. 複数の倉庫内にあるディスペンサーに水素を分散供給するシステムを構築する。

今回、製品化1号車となる燃料電池フォークリフトの、関西空港への導入にあたっては、同省の「物流分野におけるCO2削減対策促進事業」の補助金が活用される。同フォークリフトは、上記の開発・実証で整備された水素インフラを活用し、空港内の貨物運搬に使用される予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.