> > 首都圏自治体、送電網の整備・増強などを国に要望 再エネを普及させる要望4つ

首都圏自治体、送電網の整備・増強などを国に要望 再エネを普及させる要望4つ

記事を保存

東京都や神奈川県などで構成される九都県市は24日、再生可能エネルギーのさらなる普及拡大に向けて、系統設備の整備・増強の促進や、電力の広域融通を可能とするための送電系統の運用方法改善などを求める要望書を国に対して提出する。

要望書では、系統への接続制約などの問題により、高まりを見せていた再生可能エネルギー普及拡大の機運が一気に勢いを失うことになりかねないと指摘。エネルギーの大消費地である首都圏として、全国的な再生可能エネルギーの普及拡大に貢献していくために、政府に対し4つの措置を講じるよう強く要望している。

再エネ普及に必要な、九都県市からの要望4つ

前述の通り、1つ目は再生可能エネルギーを最大限導入するため、系統設備の整備・増強を促進すること。

(※全文:1136文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.