> > 千葉県で稼働した太陽光発電所 分散型パワコン+中国製架台で初期コスト削減

千葉県で稼働した太陽光発電所 分散型パワコン+中国製架台で初期コスト削減

記事を保存
千葉県で稼働した太陽光発電所 分散型パワコン+中国製架台で初期コスト削減

千葉県香取市において13日、香取クリーンエナジー合同会社(東京都千代田区)が運営する、発電能力約2.4MWの太陽光発電所が稼働した。

この「サンテックパワージャパン香取太陽光発電所I」は、サンテックパワージャパン(東京都新宿区)の子会社であるサンテックエナジーディベロップメント(東京都新宿区)が開発したもの。4.8万平方メートルの敷地にサンテックパワー製315Wの太陽光発電モジュールが合計7,578枚設置されている。発電能力は2,387.07kWで、発電した電気は1kWhあたり36円(税抜)で20年間売電する。初年度年間の予想発電量は276万kWhで、これは一般家庭約560世帯分の年間電力消費量に相当する。

同発電所は、将来の低い買取価格における事業性確保に向けて、発電所開発のコスト削減を目的に、調達部材において2つの試みを実施し、合計でワットあたり12円の削減を実現している。

パワコンは大型集中型ではなく分散設置型を採用

1つ目の試みは、分散設置型のファーウェイ社製パワーコンディショナー(27.5kW×72台)の採用で、大型のパワコンを使う集中型と比較して、ワットあたり5円のコスト削減を実現した。発電所の発電能力が2,387.07kWで計算すると約1,200万円のコスト削減となる。

また同製品は冷却用のファンをなくし消費電力を抑え、年間電気料金を1MWあたり15万円程度削減できる。また冷却ファンがないことで部品点数が少なく、パワコン自体の故障率を低減し、運用面での潜在的な交換費用を削減することが期待できるという。

中国製アルミ架台で7円/Wを削減

2つ目の試みとして、中国製のアルミ架台の採用をあげる。厦門(アモイ)キングフィールズテクノロジー社(KF社)製のアルミ架台は、同等の品質の日本産アルミ架台との比較で、ワットあたり7円のコスト削減を実現している。今回の太陽光発電所全体では削減した初期費用は約1,670万円。

サンテックパワーでは、この架台の国内展開にあたり、KF社中国工場の生産能力の確認を行い、製品の安全性・耐久性の確認を行っている。今回の導入にあたっては、同社の長野テクニカルサポートセンター(長野県佐久市)が製品選定から納品管理、運転開始後のアフターサポートにわたり技術サポートを提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.