> > 住宅用太陽光発電をまとめたCO2クレジット、福井県が販売

住宅用太陽光発電をまとめたCO2クレジット、福井県が販売

記事を保存
住宅用太陽光発電をまとめたCO2クレジット、福井県が販売

ふくいおひさまクラブとは

福井県は「ふくいおひさまクラブ」(環境ふくい推進協議会)の国内クレジット制度による認証を受けて、1月10日よりCO2排出権クレジットを県内の事業者に販売する。

同県によると、クレジット購入によりカーボン・オフセットとして活用することができ、他社との差異化や企業価値の向上を図ることができる。

この排出量取引により得た収入は、環境ふくい推進協議会を通じて、県内の環境保全事業に活用される。

販売数量は、クレジット154口(1口:1t-CO2)の一括販売とし、1口あたりの最低販売単価は800円(税抜)とする。1口あたりの希望購入単価が最も高価であった事業者を、クレジットの取引事業者とする。最高希望購入単価が複数いた場合は、抽選(くじ)により決定する。

募集概要

  • 募集期間:2017年1月10日(火)~2017年1月23日(月)
  • 募集対象:福井県内の事業者または団体
  • 販売数量:154t-CO2の一括販売
  • 最低価格:1口(1t-CO2)あたり800円(税抜)
  • 申込方法:福井県指定の申込書に必要事項を記入し、県環境政策課宛てに郵送

※詳細は福井県ホームページを参照。

住宅用太陽光発電のCO2削減量を取りまとめ

「ふくいおひさまクラブ」は、福井県の補助制度を利用して住宅用太陽光発電を設置した方を会員とし、2011年に設立。会員の太陽光発電導入によるCO2削減量を取りまとめ、排出削減量を「クレジット」として認証するJ-クレジット制度を活用し、排出量取引を行う。

J-クレジット制度とは

J-クレジット制度は、温室効果ガスの排出削減量・吸収量を認証する制度。省エネルギー機器の導入や森林経営等の取組みによる、温室効果ガスの排出削減量・吸収量を「クレジット」として国が認証する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.