> > 地域とトラブルなく太陽光発電を進めるコツ 長野県が事業者向け説明会:5回目

地域とトラブルなく太陽光発電を進めるコツ 長野県が事業者向け説明会:5回目

記事を保存

長野県は、地域と調和し、県内でスムーズに太陽光発電事業を推進するための説明会を、2月に開催する。第5回目となる今回の説明会は、主に諏訪地域で太陽光発電事業を計画中、または既に事業を実施中の事業者が対象だ。

この「太陽光発電の適正な推進に関する事業者向け説明会(第5回)」は、事業を実施する地域との調和を図りながら、トラブルなく同地域内で太陽光発電事業を実施できるよう開催されるもの。近年、同県内ではメガソーラーをはじめとする太陽光発電事業の増加に伴い、環境等への不安の声が地域からあがっている。これをふまえ、同県の「太陽光発電を適正に推進するための市町村対応マニュアル」をもとに、事業に際し参考となる事項を説明する。

この市町村対応マニュアルには、太陽光発電設備の安全対策や地域との調整機会の設定、景観規制などに配慮しつつ、市町村担当者が事業者に向けて確認するべき事項や交渉の方法が記載されている。同県は、このマニュアルを、市町村の担当者向けに作成したが、事業者や住民が共有することで再生可能エネルギーがトラブルなく導入できると考え、同説明会でも活用する。

開催日時は2017年2月14日(火)13時30分より(1時間程度)、場所は諏訪地方事務所 501会議室。参加申し込みは、2月10日(金)までに申込み専用サイトにて、またはEメールやファックスなどで行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.