> > 北陸電力、太陽光発電の接続可能量オーバー 新規接続は出力制御の補償ナシ

北陸電力、太陽光発電の接続可能量オーバー 新規接続は出力制御の補償ナシ

 印刷 記事を保存
北陸電力、太陽光発電の接続可能量オーバー 新規接続は出力制御の補償ナシ

太陽光出力制御見通し
指定ルール太陽光の出力制御見通し算定結果(H28.11.25 公表値)
(太陽光110万kW、風力59万kWを前提)

北陸電力は23日、太陽光発電設備の接続申込量(接続済みを含む)が、年間30日等の出力制御枠が適用となる、接続可能量110万kWを突破したと発表した。1月24日以降に接続契約申込みをする事業者は、指定電気事業者制度により、出力制御に対する補償がない「指定ルール」による接続契約となる。

同社の太陽光発電設備の接続可能量(30日等出力制御枠)は、2016年11月に開催された国の新エネルギー小委員会の第9回系統ワーキンググループ(系統WG)における検証結果に基づき、110万kWと設定している。またこの時点での接続申込量(接続済みを含む)は104万kW程度だった。

同社は、指定電気事業者制度下の太陽光発電事業者(指定ルール事業者)の出力制御見通しを算定し、第9回WGに報告している。これによると、追加導入量20kW、40kW、60kWで、出力制御はそれぞれ273時間(23日)、307時間(26日)、358時間(30日)、出力制御率はそれぞれ11%、13%、15%となっている。

太陽光発電の出力制御ルール

北陸エリアの火力・バイオマス発電の出力抑制等を行ってもなお、電力の供給量が需要量を上回ることが想定される場合、太陽光・風力を出力制御する。太陽光の出力制御には以下のルールがある。

旧ルール(30日ルール)

500kW以上の発電設備が対象。年間30日以内の出力制御は無補償での契約となるルール。

新ルール(360時間ルール)

年間360時間以内の出力制御は無補償での契約となるルール。

指定ルール

国から指定を受けた電力会社において、接続申込量(接続済みを含む)が接続可能量(30日等出力制御枠)を超えた以降に申込みのあった発電設備に対し、出力制御に対する補償がない契約となるルール。

太陽光出力制御のルールについて

出力制御が多くなると「指定ルール」が不利

出力制御が年間上限に到達しない場合の出力制御割当てでは、年間単位で各出力制御ルールごとに公平に出力制御を割当てる。出力制御が年間上限を超過した場合の出力制御割当てでは、指定ルール太陽光以外は年間出力制御日数(時間)を最大限活用する。年間上限に到達した以降の追加導入に起因した出力制御必要量(α)は、全て指定ルール太陽光へ割当てる。

太陽光出力制御におけるイメージ

なお、指定電気事業者制度とは、再エネ特措法に基づき、接続可能量(30日等出力制御枠)を超える再生可能エネルギー設備の系統への接続が見込まれる電気事業者に対して経済産業大臣が指定するもの。

同社は、太陽光発電設備について、2014年12月22日に指定電気事業者に指定された。指定電気事業者は、接続申込量が接続可能量(30日等出力制御枠)を超過した場合に、出力制御の上限を超えた無補償の出力制御を前提として、再エネの接続ができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.