> > 北海道電力、風力発電の導入拡大に向けた実証試験で63MW追加募集

北海道電力、風力発電の導入拡大に向けた実証試験で63MW追加募集

 印刷 記事を保存

北海道電力は30日、東京電力パワーグリッドと共同で取り組んできた「風力発電導入拡大に向けた実証試験」において、空枠の計6.35万kW分の風力発電事業を追加募集すると発表した。

同事業は、東京パワーグリッドが北海道電力・東北電力の2社と提携し2011年より開始した実証事業のひとつ。各社の持つ出力制御技術を組み合わせ、調整力を補い合うことで、風力発電の導入拡大を目指すもの。

この実証で北海道電力管内で実施される風力発電事業は、2012年までの公募により8件・20万kWの案件が採択された。これらの案件は、連系優先順位にもとづき系統連系検討を実施し、応募事業者と協議を行い決定したが、その後の実施案件の事業断念や発電設備容量の減少により、現時点での実施案件は6件・13.65万kWである。

今回の追加公募は、これを踏まえ、当初の募集量に対する未達分(6.35万kW)について、新たに実証試験に参加する風力発電設備を募集する。

6.35万kW、追加募集の対象となるのは

対象事業の条件は下記の通り。

(※全文:1172文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.