> > 大型物販店舗のZEB化 省エネ大賞で「省エネルギーセンター会長賞」に

大型物販店舗のZEB化 省エネ大賞で「省エネルギーセンター会長賞」に

記事を保存

大和ハウス工業とロイヤルホームセンターは、一般財団法人省エネルギーセンター主催の2016年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「大型物販店舗におけるZEB化推進」が評価され、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した。大和ハウス工業は、同コンテストにおいて2年連続5回目の受賞。

ロイヤルホームセンターは、CGO(環境担当役員)のリーダーシップのもと、2013年4月より大和ハウス工業の技術を導入したZEB店舗の開発や普及、既存店舗の建物改修を進めている。

新築店舗の長久手店ではCO2排出量約70%削減(2013年「改正省エネルギー基準」における基準値比較)、津島店での10000平米超の商業店舗で初のZEBを実現。既存店での省エネ改修も推し進めた結果、全店舗で2005年度比CO2排出量を44.1%削減した。これらの実績が評価され受賞となった。

大和ハウス工業とロイヤルホームセンターの取り組みは下記の通り。

(※全文:1277文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.