> > 大型物販店舗のZEB化 省エネ大賞で「省エネルギーセンター会長賞」に

大型物販店舗のZEB化 省エネ大賞で「省エネルギーセンター会長賞」に

 印刷 記事を保存
大型物販店舗のZEB化 省エネ大賞で「省エネルギーセンター会長賞」に

大和ハウス工業とロイヤルホームセンターは、一般財団法人省エネルギーセンター主催の2016年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「大型物販店舗におけるZEB化推進」が評価され、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した。大和ハウス工業は、同コンテストにおいて2年連続5回目の受賞。

ロイヤルホームセンターは、CGO(環境担当役員)のリーダーシップのもと、2013年4月より大和ハウス工業の技術を導入したZEB店舗の開発や普及、既存店舗の建物改修を進めている。

新築店舗の長久手店ではCO2排出量約70%削減(2013年「改正省エネルギー基準」における基準値比較)、津島店での10000平米超の商業店舗で初のZEBを実現。既存店での省エネ改修も推し進めた結果、全店舗で2005年度比CO2排出量を44.1%削減した。これらの実績が評価され受賞となった。

大和ハウス工業とロイヤルホームセンターの取り組みは下記の通り。

1、新築店舗での省エネ推進

新築店舗においてZEBの実現を目指して、創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」や自然の力を活かす「パッシブコントロール」、それらを適正に制御する「エネルギーマネジメント」の積極的な導入を進めている。

(1)「ロイヤルホームセンター長久手」での取り組み

計画地の特性を活かした店舗一部の地下化で断熱性能を向上、昼光センサーやLEDライトBEMSなどを導入・運用し、CO2排出量を約70%削減。

(2)「ロイヤルホームセンター津島」での取り組み

大規模な越屋根による自然採光と通風で照明電力や空調エネルギーを削減。照度センサーや屋根に太陽光発電システム1.2MW(メガワット)のメガソーラーを設置し、延床面積1万m2超の商業施設で日本初のZEBを実現。

2、既存店舗での省エネ改修

既存店舗の省エネ性能を向上させるため、店舗において、蛍光灯をLED(26店舗・約3万本)に入れ替えるとともに、照明器具の個別制御などを導入。また、高効率空調機(室外機300台・室内機617台)やBEMS(13店舗)、空調制御を設置。

3、データ集計・分析による運用改善

BEMSを導入した店舗で計測された情報を本社でモニタリングし、他店舗との比較や分析。その情報に基づき、3か月ごとに開催する「環境推進委員会」で情報共有し、全店舗での省エネ活動を促進。

4、ZEBの普及展開

「先端技術でエネルギーをカシコク使う」をコンセプトに次世代環境配慮型建築の開発に取り組んでいる。グループ施設での実証実験を踏まえ、多様な用途の建物で環境配慮技術を導入した「D's SMART」シリーズを発売・展開し、ZEBの普及を推進。

大和ハウス工業の「省エネ大賞」受賞歴

  • 2010年2月 組織部門 資源エネルギー庁長官賞
  • 2013年2月 省エネ事例部門 経済産業大臣賞(CGO・企業等分野)受賞
  • 2014年2月 省エネ事例部門 経済産業大臣賞(CGO・企業等分野)受賞
  • 2016年2月 製品・ビジネスモデル部門 省エネルギーセンター会長賞受賞
  • 2017年2月(今回)省エネ事例部門 省エネルギーセンター会長賞受賞

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.