> > 施工中のメガソーラーも盗難監視 赤外線カメラと無線LANでメール通知

施工中のメガソーラーも盗難監視 赤外線カメラと無線LANでメール通知

 印刷 記事を保存
施工中のメガソーラーも盗難監視 赤外線カメラと無線LANでメール通知

設置現場の様子

日本電業工作(東京都千代田区)は2月27日、施工中のメガソーラー発電施設において、資材盗難防止と現場管理を目的として、無線を活用したカメラ監視システムを設置したと発表した。

赤外線センサで常時監視

広大なメガソーラー発電施設は、人目につかない場所に建設されることも多く、夜間などの防犯対策の強化が求められている。同システムは、無線機一体型カメラを複数地点に設置し、日中は施工現場を遠隔地で管理し、夜間は資材の盗難防止や、犯人を特定する手がかりを得るための監視を行うもの。

不審者の侵入などの異常を検知すると、赤外線センサと連動し、検知箇所でスナップショットが撮影される。その画像は、あらかじめ登録した関係者にリアルタイムでメール送信される。関係者は即座に状況確認することができ、状況に応じて関係機関や警察へ迅速に通報することができる。

また、同システムは消費電力を太陽光発電パネルで発電した電力でまかなえるため、電源装置や配線工事が不要だ。複数箇所に設置されたカメラの映像は、長距離無線LANシステム「FalconWAVE®」で集約し、常時録画している画像を遠隔地からリアルタイムに監視できる。

さらに、現場の進捗状況に応じて設置した監視ポイントを移動させていくこともできる。

高画質カメラ+センサ連動で侵入を検知

高画質カメラ+センサの連動イメージ

高画質カメラ+センサの連動イメージ

夜間監視のカメラの映像

夜間監視のカメラの映像

同システムで使用されている高画質IPカメラは省エネ性が高く、パン・チルト・ズームのリモート操作により360度全方位を監視できる。広角112度のワイドレンズは視野が広く、設置するカメラ台数を節約できる。最低被写体照度は白黒0.005Luxで、夜間でも12WのLEDを設置すれば、60m程度までの遠方が認識できる。

なお、山岳地などのメガソーラー発電施設においては、配線工事の費用が高くなるため、長距離無線LANシステム「FalconWAVE®」2.4GHz帯と4.9GHz帯を組み合わせての無線伝送による費用削減を同社は提案している。

このシステムは、2017年3月7日~3月10日に東京ビッグサイトにて開催される「SECURITY SHOW 2017」に出展される予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.