> > 洞爺湖温泉で72kWのバイナリー発電システムが竣工 地域の配湯設備に活用

洞爺湖温泉で72kWのバイナリー発電システムが竣工 地域の配湯設備に活用

 印刷 記事を保存
洞爺湖温泉で72kWのバイナリー発電システムが竣工 地域の配湯設備に活用
納入機

納入機

神戸製鋼(兵庫県神戸市)は3月13日、北海道の洞爺湖温泉向けに同社製の小型バイナリー発電システム(MB-70H)を納入、竣工式を開催したと発表した。

このシステムは、北海道の洞爺湖温泉利用協同組合と洞爺湖町が進める「平成28年度洞爺湖町地熱利用発電設備導入事業」に向けたものだ。

北海道は、多くの噴気帯や高温泉の湧出があるなど、九州と並び地熱資源に恵まれた地域とされている。また全国にある108の活火山の内、3割を北海道が占めている。

同社は、2013年度より地熱資源の未評価地域であった洞爺湖町の金比羅山周辺において洞爺湖温泉利用協同組合と地熱開発調査を実施しており、既存温泉への影響がない事などを確認した上で納入、竣工までを実施した。

この事業で発電した電気は、周辺地域の配湯設備用のポンプの動力等へ利用される予定だ。

バイナリー発電システムは、沸点の低い作動媒体を加熱・蒸発させ、その蒸気でタービンを回し発電する。未利用エネルギーの中でも温度の低い地熱や産業排熱が利用可能。今回納入された同社のMB-70Hは70~95℃の温水で最大発電端出力72kWの発電が可能だ。

同社のバイナリー発電システムの特徴は下記の通り。

半密閉スクリュタービン方式

スクリュタービンと発電機ロータとを一軸一体構造とすることで、軸シール、カップリング、発電機のベアリングがない半密閉スクリュタービン方式のバイナリー発電システムを世界で初めて実用化した。作動媒体や潤滑油が漏れない構造により、長期の安定運転が可能だ。

半密閉スクリュタービン方式発電機の構造

半密閉スクリュタービン方式発電機の構造

熱源変動に追随した高効率の発電性能

圧縮機および冷凍機の技術をベースに開発したスクリュタービンを採用。熱源変動に強く、高効率な発電が可能。

熱源変動に追随した高効率の発電性能

同社は2011年の同製品の販売開始以来、小型バイナリー発電システムを九州地方を中心に納入してきた。北海道へ納入するのは今回が初めて。また同社は、2013年から110~130℃の蒸気で最大発電端出力125kWの発電が可能なMB-125Sも販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.