> > 米国最大規模、2MW級の系統用蓄電システムにレドックスフロー蓄電池

米国最大規模、2MW級の系統用蓄電システムにレドックスフロー蓄電池

 印刷 記事を保存

NEDOと住友電気工業(大阪府大阪市)は3月17日、米国カリフォルニア州サンディエゴにおいて、大規模蓄電システム「レドックスフロー電池」を用いて、米国最大規模となる系統用蓄電池の運転実証を3月16日から開始したと発表した。

この実証事業を通じて、再生可能エネルギー増加による周波数・電圧変動、余剰電力などの課題解決とともに、蓄電池の費用対効果の向上を目指す。

本実証は、カリフォルニア州政府および現地手電力会社であるSan Diego Gas and Electric社(SDG&E社)の協力のもと、変電所内に系統用蓄電池として、「レドックスフロー(RF)電池」(2MW×4時間)を設置し実証を行う。

(※全文:1174文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.