> > 再エネの出力変動、「蓄電池+水素貯蔵」の最適制御は 東北電力が研究へ

再エネの出力変動、「蓄電池+水素貯蔵」の最適制御は 東北電力が研究へ

 印刷 記事を保存

東北電力は3月23日、太陽光発電による水素製造システムを宮城県仙台市にある同社の研究開発センターに設置し、再生可能エネルギーの出力変動対策を行う研究を開始したと発表した。

この研究では、出力変動の大きい再生可能エネルギーの電気を水素製造に使用し、吸収することで、水素製造技術が蓄電池と同様に再生可能エネルギーの導入拡大に伴う出力変動対策として適用できるかを検証する。研究期間は2019年3月末までの2年間。

同社では、この研究を行うため2016年7月より、同研究開発センターに太陽光発電設備と水素製造装置等の「水素製造システム」を設置する工事を進めてきた。主要機器の搬入・据付工事は本年2月までに完了し、試運転等を経て、23日より運転を開始した。

(※全文:878文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.