耕作放棄地が大豆・麦のソーラーシェアリングに プロファイで資金調達

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

SBIエナジー(東京都港区)は4月3日、千葉県匝瑳(そうさ)市にある耕作放棄地約3.2haを利用した営農型太陽光発電所「匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所」が商用運転を開始したと発表した。

発電施設の最大出力は1MWで、想定年間発電量は約1,424MWh(20年平均)。一般家庭約288世帯分の年間電力量を賄うとともに、約718t-CO2/kWhのCO2削減に貢献する。また、売電収入の一部を、地域の環境保全・農業振興に還元する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報