> > 2010年度以前に補助金を交付された水力発電事業、設置・改造に補助金

2010年度以前に補助金を交付された水力発電事業、設置・改造に補助金

 印刷 記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC/東京都豊島区)は4月5日、経済産業省の中小水力発電の開発等を支援する補助金について、2010年度以前に交付決定を受けた中小水力発電施設の設置等に係わる事業を対象に、2017年度の公募を開始した。

事業の名称は2017年度「中小水力発電開発費等補助金(中小水力発電開発事業)」。今回の公募は新規募集ではなく、2010年度以前に交付決定を受けた事業で要件を満たすものに補助金を交付する。水力発電施設などの設置・改造にかかわる事業であって、「水力発電施設の設置等」や「水力発電施設の設置等に係る新技術の導入」を行う事業に対して、実施に必要な経費の一部について補助金を交付する。

補助区分が2つに分けられており、「水力発電施設の設置等」は、出力が1,000kWを超え30,000kW以下の水力発電施設の設置または改造を行う事業が対象。補助率は5,000kW以下の上限が20%で、5,000kW超30,000kW以下の上限が10%。

(※全文:648文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.